インレットソケットのグラつき防止

ご使用になる機器との組み合わせにもよりますが、ZAC1のインレットソケットを差し込んだ時に、
希にグラつきが大きく抜けやすい場合があります。
通常「キツくて入らない」という最悪の事態を避けるため、シャーシプラグ(機器側)はややクリ
アランスを大きく取る傾向があり、このためメーカーによっては電源ケーブルを差した時のアソビ
が大きく、グラついてしまうようです。

あくまで応急処置的な対処方になりますが、私自身で色々試してみて良い結果を得られた方法を記
しておきます。



私の使用機器の中で最もアソビの大きいのがWadiaのCDプレーヤーなのですが、真横から見ると
こんなに不必要な余裕があるのがわかります。
この状態ではちょっと触っただけでも抜けやすく、同時に接触不良も起こりやすくなるので、音質
にも悪影響を与える可能性があります。



用意する物は幅12〜15mm程度の紙製マスキングテープのみ。
ホームセンターの塗装用具コーナーにて1コ\70〜\80程度です。



これをインレットソケットがグラつかなくなるまで、差し込み部分に数回巻き付けていきます。
キツくなりすぎてしまったら、丁度良くなるまでほどいて下さい。



アソビがなくなり、真っ直ぐにしっかりと固定されるようになりました。
他にも良い素材があるかも知れませんが、私が試した中では、このマスキングテープが最も使いや
すく、また長期にわたる使用でも良い結果を得ています。
他に試した物としてはビニールテープ・セロテープ・ガムテープがありますが、どれも熱により硬
化してしまったり、粘着剤の糊がハミ出してベタベタしてしまったりで、精神衛生上あまり好まし
くありませんでした。
上記以外にはスポーツ等で使う布製テーピング用テープがまあまあでしたが、紙製に比べて厚みが
あるために微調整がしにくいようです。
ZAC1に限らず、他の電源ケーブルにも応用できますので、グラつきが気になる方は試してみてく
ださい。



上はZAC1、下はフルテックのソケットですが、フルテックの差し込み部には緩いテーパーが付い
いるのがお判り頂けますでしょうか。
さすが高い部品だけあってよく考えられていますね。
ただし・・・差し込み部が若干長くなっているのも同時に見て取れると思いますが、せっかくテー
パーが付いていても、実際に差し込んでみるとテーパーが接触して固定される前に、奥に突き当た
ってしまって意味が無いんです。(笑)
で、結局私はこのフルテックにも上記同様に紙テープを巻いて使っています。(爆)

グラ付きには関係ありませんが、フルテックのソケットって見た目大きくて頑丈そうですが、実際
に施工してみると意外に華奢だと思いませんか?
ビスをガッチリ締めようとするとシェルがグニグニ歪んで力が入らないし「あと一回し…」の所で
ビスがネジ切れてしまうんですよね。(泣)

ちなみにZAC1に使っているソケット(イギリス製UL規格)は、他多くのメーカーでも採用されて
おり、力一杯締め付けてもネジが切れた事など一度もありません。


戻る