アースピンの戻し方

アースピン無しでご購入された方が、その後に壁コンセントを 3Pタイプやホスピタ
ルグレードコンセントに交換された場合、アースピンを戻しておいた方がプラグをし
っかりと固定できますので、是非実行して下さい。               
工具はドライバーのみ、作業は簡単なのですが、プラグを完全に分解する必要がある
ため、少々の手間は覚悟して下さい。                     
また外し方については、戻し方と逆の手順となるだけです。           
尚、この作業については電気工事士免許は不要です。              



1)プラグ正面のビス2本と、ケーブルクランプのビスも外す。          



2)プラグのシェルが外れました。                       



3)ケーブル先端を締めているビス2本を緩め、ケーブルを抜く。         



4)プラグ背面中央のビスを外し、カバーを取り外す。              



5)アースピンをプラグ背面からピン穴に差し込む。               

この際、最後まできっちり入らない時には、ドライバーの柄等で軽く叩いてみてく
ださい。                                 
後部背面カバーを戻し、ケーブル先端を整えて元の穴に差込み、ビスを締めます。
なるべく強固に締めるために、(−)ドライバーを使うと良いでしょう。    
シェルを戻し、正面のビス2本を締め、ケーブルクランプを戻して完了です。  


戻る