1〜10】【11〜20】【21〜30】【31〜40】【41〜50】【51〜60】【61〜70】【71〜80
81〜90】【91〜100】【101〜110】【111〜120】【121〜130】【131〜140
141〜150】 【151〜160】【161〜170】【171〜180】【181〜190】【191〜200
201〜210】【211〜220NEW】【221〜230NEW
トップページに戻る



No.41 岐阜県在住/岡田氏

購入させて頂き1週間じっくり聞かせて頂きました。
私がケーブルの重要性を知ったのはほんの最近で、ホームページ
に掲載されている様な高級ケーブルと比較した訳では有りませんが、
お世辞抜きで、120%満足させて頂いております。
購入以前の不満は、高域の雑味と低域の表現力の乏しさでしたが、
この不満を全て解消してくれたと共に定位、音場等、以前のケーブル
とは比較にならない程改善されました。
特に低域の立ち上がりの良さ、明瞭な輪郭、ボーカルのリアルさには
本当に感動しました。
ピンケーブルの交換時も大変感動しましたがそれ以上ですね。
叉スピーカの能率がアンプのメモリ換算ですが3〜4db上がるのには
びっくり致しました。

最後に初級オーディオで少々恥ずかしいのですが、私のシステムを
紹介させて頂きます。
アンプ:SANSUIα907XR
CD:DENON1650AR
SP:D70(長岡鉄男モデル自作BH)
ケーブル:ACROTEC8N-A2080,6N-S1040,そして根岸通信ZTP4,ZAC1



No.42 大阪府在住/安田氏

うちのシステムにはとても良い“ワクチン”になりました。
変な言い回しですが、先日プリアンプをC−5に替えてからドリカムの吉田美和が風
邪をひきました(鼻声っぽくなったんですね)。アコースティック楽器は良い感じな
のでボーカルは少し我慢と思っていたのですが、これで解決です(笑)
他のお気に入りディスクもかけなおしてみましたが、良いですね。
全体に音が締まるというのか、SNが良くなるのかわかりませんが、見通しがすごく
よくなったと思います。残念ですが、夜も遅いので今日の試聴はこれまでとしておき
ます。
たった数十分の感想でしかありませんが、取り急ぎご感想をと思いまして・・・



No.43 兵庫県在住/伊藤氏

私はヴォーカルメインですのでAMPにはマイルドな音をだしてくれる LUXMAN
L-507sU
CDプレーヤーはいま話題の SACD SONY SCD-777ES
スピーカーはSACDの特性をいかすためスーパーツイーター搭載の DENON SC-777SA
そして完成度の高いタップをこのまま使うのはどうかと思い壁コンセントとACプラグ
をデュアルクライオ処理のものに交換して視聴。

視聴Discはサラ・ブライトマンのラ・ルーナ。
一聴してS/N比が向上しているのが感じられました。
低音の厚みが増しヴォーカルに艶がでました。
それによって少し騒ぎ気味だった高域が落ち着きました。
すなわちトータルバランスが良くなったということです。

いままでたかが電源と思っていましたが、これだけ変化するとは・・・おそるべしN2
タップ。
システムを生かすも殺すも電源自体だと教えられました。



No.44 青森県在住/榎本氏

ケーブルはCDプレーヤーに使いました。
アンプのケーブルはVCTケーブルを使った自作品を使っています。
壁コンセントもホスピタルグレードに交換してあります。
アンプのコードを変えたときは,大きな音の変化は感じられませんでした。
今回,根岸さんの製品に交換して,スピーカーから出てくる音の変化に驚いてい
ます。
低音の充実もその一つですが,これは予想していました。
ピアノの微妙なタッチの再現や音の厚みがましたのがうれしかったです。
値段から想像できない造りの良さに驚いています。
ありがとうございました。



No.45 山梨県在住/丹沢氏

早速CDプレイヤーに繋いで、聞いてみました。
今までは付属のケーブルで聞いていたのですが、
良く言えば華やか、正直に言うと軽くてきんきらでした。
それが今日変えて聞いた所、上手く表現出来ませんが、
全体の音の量が増え、とげとげした所が無くなり、
どっしりと落ち着いた感じです。
今までケーブル類には、余り関心が無かったと言うより、
そんなに音が変わる物かと、馬鹿にしていたのですが、
一寸考えが変わりました。
しかしケーブル1本に十万、百万掛けるのは何かなーという感じです。



No.46 埼玉県在住/平方氏

大分、聞き込みましたので、そろそろ感想をお伝えします。 
小生スピーカーを2組使っています。 
そのうちの自作分での変化のみをお伝えします。

CD : sony製 X900(?)5万円くらいのもの。 20KHz以上を補正するハーモネーター(?)を接続
レコードPlayer : Pioneer Exclusibe P3(トーンアーム付属のもの)(これだけ高級品です)
カートリッジ : MC型オルトフォンMC20
Preqmp : rotel PC880
Power : 三栄無線 KT88 single(真空管7Wx2) 
Speaker1 : 三菱 P-610B(エッジは小泉無線の鹿皮) 
箱 : 自作(100L程度の箱だが、裏面開放)
Speaker2 : タンノイ system12 こちらの結果は次回の報告とします。
Subwoofer : ヤマハ SW1000 (45Hzあたりでカット)

以上、全てを6コ口タップ経由での給電です。 (電源ケーブルとしてはプリアンプ
とレコードプレーヤー以外はちゃちなケーブルです。) 聴く音楽はクラシック全般
です。

改善

1.中低音が40−50HZ位まで伸びているようです。 (以前は55HZあたり
  どまりでした) 80Hzくらいが以前でも膨らみ過ぎていたのですが、さらに
  膨らんだようです。(スピーカーと箱の関係でしょう)
  Sub−Woofer をつけなくても低音の雰囲気は、出るようになってきた。
  (大太鼓の低音にはSW必須)

2.中高音の音の芯が改善しました。
  拍手がよりリアルになりました。
  (低音は後面開放での音ゆえ、もともと芯といえるものではない)

3.レコード再生時に、出ていたハム音が 殆んど出なくなりました。
  (6畳の長辺に一式を置いており、聴取位置はスピーカーから1.5mの距離で
  すので、かなり正確にわかります。)

4.三菱P−610は 以前は交響曲の強奏時に音が混濁するので 室内楽専用
  とするつもりでしたが、この電源タップ接続後は 解像度があがり強奏時でも、
  かなり定位も、楽器の解像度もあがり 殆んどのクラシックにあうようになりま
  した。 (但し、その見返りとして、とろけるような甘い音が少ししまってきた
  感じがします。(それでもまだ十分甘いですが)

5.CDよりレコードでの改善が大きいです。 (タンノイでの比較再生時より、そ
  の差がはっきりわかります。)

以上、こんなところですか。 
個人的に、現代スピーカーより昔のスピーカー、それもフルレンジの音の方がやすら
ぎ感がするので、ここ暫くはP−610ばかりを聴いています。
では、次回はタンノイでの変化について、お伝えします。 (9月ころでしょうか)

根岸さん
自信をもって、作りつづけてくださいね。 システム全体が1ランクあがる感じが
しますよ。細い電源のものにも効果あるのではないでしょうか。 不思議ですが大変
な効果です。



No.47 東京都在住/佐藤氏

早速繋いで使ってみましたが、
今まで使っていたものよりもかなり音がクリアーに聞こえるようになりました。

オーディオ店にいくと軽く4,5万くらいしてしまい
なかなか手が出なかった電源タップですが
この値段でこれだけできてすっごく満足しています。



No.48 東京都在住/山崎氏

噂どうり、音の違いは歴然でした。
アンプとCDをつないだのですが、低音がしまり、
あと音があきらかに立体的になりました。
比較的録音が古いものに効果があるような気がします。

電源タップに続き、アンプ用の電源ケーブルも購入しようかと
悩んでいるところです。



No.49 茨城県在住/伊達氏

早速使用させていただきました。まだエージング前ですが、まず
普通のテーブルタップを使用していたTVや、DVD用のスピーカーセット
に使用したところ画面の発色の向上や、サウンドの解像度、厚み、透明度
などの向上がありました。
現在はエージングを行いつつ、従来使用していたオーディオ用の自作タップ
と組み合わせて、オーディオ機器との最良の組み合わせを試しています。
今後エージングが進むにつれ、どのような変化をしていくか、非常に楽しみです。

追加

お譲りいただいたタップは、日々楽しく使用させていただいております。
エージングも進み、音質も安定してきました。
私は今まではベルデンの業務用電源ケーブルにCLIO処理を施したAETのDCT-318コンセ
ント、DCT-018プラグを組み合わせた自作タップにアンプとCDプレイヤーの両方をつ
ないで使用していたのですが、こちらと比べた場合、根岸さんのタップは低域の解像
度、量感に優れた表情を見せてくれました。
一方で、中高域の透明感や、伸びやかさ、解像度という点では、若干甘く、柔らかい
印象を受けました。このあたりは好みの問題だと思います。(ただ、これは当方の
DCT仕様のタップと比べての話で、一般のタップと比べれば全ての点で雲泥の差で優
れていると思います。)
現在は両者を併用し、アンプをDCTタップに、CDプレイヤーとサブウーファーを根岸
さんのタップに接続しています。
この繋ぎ方で、透明感のある伸びやかな中高域と、量感のある、インパクトのある低
域、全域に渡る高い解像度を両立することができました。以前より悪くなった点は全
くありません。
特に、低音域〜超低音域の解像度、量感は、DCTタップのみ使用より明らかに優れた
結果になりました。
私自身まだ初心者ですが、特に現在オーディオ用以外の通常の市販タップを使ってい
るような方には特にお勧めだと思います。何万円もするような電源タップを買わなく
ても、低価格帯のシステムでも、ケーブルやコンセント、セッティング、制振対策
で、音は全く別物のようによくなります。マニアの方だけでなく、初心者のグレード
アップの第一歩としても、オススメだと思います。



No.50 熊本県在住/植田氏

ACケーブルはCDプレーヤーに使ってみました。
GOODですよ、緩めだった低域がぐっと締まってくれました。
ドラムのアタック音も立ち上がりが速くなりました。
私の好きな方向に向かってくれました。(ホッ)
これで4000円、すごいの一言です。参りました。
もう一本はパワーアンプに使う予定だったのですが、
入院するはめになりまして余ってます。
でも昨日、ジェフローランドのシナジーを落札しましたので
来たら早速使ってみたいと思っております。


1〜10】【11〜20】【21〜30】【31〜40】【41〜50】【51〜60】【61〜70】【71〜80
81〜90】【91〜100】【101〜110】【111〜120】【121〜130】【131〜140
141〜150】 【151〜160】【161〜170】【171〜180】【181〜190】【191〜200
201〜210】【211〜220NEW】【221〜230NEW
トップページに戻る