1〜10】【11〜20】【21〜30】【31〜40】【41〜50】【51〜60】【61〜70】【71〜80
81〜90】【91〜100】【101〜110】【111〜120】【121〜130】【131〜140
141〜150】 【151〜160】【161〜170】【171〜180】【181〜190】【191〜200】
201〜210】 【211〜220NEW】【221〜230NEW
トップページに戻る


No.191 富山県在住 M.S氏 ZAC1fs

最初のインパクトがあまりに強かったので、どうしても感想を書いて
みたくなりました。以下購入物と使用環境です。

 電源タップ:ZTP6 鉄製ボックス シールド処理
 再生環境:自作PC + M-AUDIO DELTA1010
 ヘッドフォン:SONY MDR-CD3000

PCでCDを再生しているので、多少はマシになるかなという程度
だったのですが…。通電した直後から音が違うのがわかります。
最初は、高域と低域の周波数特性が広がったものの、
若干ノイズフロアが高いかな、という感じを受けました。
しかしエージングが進むとどんな音になるのだろう、という
期待も同時に受ける、そんな変化を感じました。

さて1、2週間くらい経ったころでしょうか。
明らかに音の解像度が上がっているのがわかりました。
ノイズっぽさもすっかり無くなりました。以前の環境で気になってた
こもったような感じが消え、高音はクリアになり、
低音は迫力と定位感が出てきました。
手持ちのCDをとっかえひっかえして、こんな音が眠っていたのか、
と驚いています。本当に良い買い物が出来ました。


No.192 東京都在住 hajirock氏 ZTP6/ZAC1

現在のシステム
TAP:N2 ZTP6 2.0m(MIXER,CD PLAYER,TRITON)
TAP:OYAIDE 6口タップ(SPx2,audio類)
TAP:audio-technica OFC AT NF-34(iMac、他)
MIXER:Mackie.1202VLZ PRO + S/A LAB OFC POWER CORD SAC/1.8m(¥15800)
CD PLAYER:ARCAM CD62 + N2 ZAC1 1.5m
SP:YAMAHA MSP5(powerd/電源コードは本体より直出)
CD PLAYER→MIXER:FURUKAWA電工 FA-21(PCOCC)(RCA/PHO)
MIXER→SP:S/A LAB HIGH END LINE MWT PLUS(XLR/XLR)
KORG TRITON PRO + N2 ZAC1 1.5m
APPLE iMac DV400 + S/A LAB OFC POWER CORD SAC/1.8m

旧システム(からの変更点)
TAP:OYAIDE 6口タップ
CD PLAYER:S/A LAB OFC POWER CORD SAC/1.8m
KORG TRITON PRO:付属電源ケーブル
APPLE iMac DV400:付属電源ケーブル問題点

部屋にある電源コンセントは縦に3口なため
ホスピタルタイプは2ケが限度。TAP:N2 ZTP6 2.0mの感想

まず
OYAIDEからの変更でした。
同封された説明分の通り
低音が暴れました。低音域のみ分離されふわっと柔らかい音色。
高音域は痛い感じ
音量も上がっている感じがします。
定位の分離がすばらしく音源がばらけてまとまらず
気分が悪くなりました。(すいませ〜ん)

まずこのタップのみ変更して10日程CDを聴いていました。
ソースとしてはロックが好きなもので
garbage/beautifulgarbage
RADIOHEAD/AMNESIAC
BJORK/Vespertine
BJORK/LIVE BOX
MISIA/星空のライヴ
このあたりを繰り返し聴きました。
ロックとはいえエレクトリックな音が多数入っている音源が多いです。

一日4時間程度で音量は部屋で聴くには良識的な設定です。
一週間の間に低音がこなれて全体のバランスが非常に良くなりました。
深みみたいな部分が残り非常に良い感じに落ち着きました。

タップが落ち着いて来たので
N2 ZAC1を試す事にしました。
TRITONでは付属、S/A LAB N2とそれぞれの音色の違いに驚きました。
S/A LABはどれに使用しても透明感と硬さが反映されます。
N2を使ってみたらTRITONでひくエレピの音が最高に気持ち良いのです。
暖かさ、太さ、音量、クリア度…
TRITONはN2に決定しました。

問題はMIXERです。
核になる部分でもあり着色のすくないモノがベストな選択です。
N2ではエージングが済んでいないためS/A LABで行く事にしました。
今まで使用しており耳なじみが一番よく、基準点にもなるからです。

CD PLAYERはS/Aで使用していましたがN2に変えたとたんに
気持ちの良い音に変わりました。
基本ラインが全てS/A LABになっている事と
ARCAMの特徴もS/Aに近い硬い音色です。
CDRで焼いたソースが元のCDに非常に近い音で再現できるプレイヤーです。
これはマランツ等のふわっと気持ち良い機械とは大きくことなるなあと
感じてました。
このARCAM+S/A LABでは冷たすぎたんですね。
N2に変えてから本当に気持ちよく鳴ってます。

iMacですがこれは付属ケーブルからS/A LABに変えてタップも
初めはOYAIDEに挿してみました。
こちらの変化は本当にびっくりしました。
発色が違う。白のいろが、アイコンの色が…
目が疲れるためタップはグレードの低いaudio tecnicaに変えてまあなんとかです。
いつの日かG5を手にいれたらN2も試したいです。

なんだかんだで1ヶ月ほど経ちましたので
全体的に落ち着いてきました。(とっくに落ち着いているのでしょうが…)
部屋のコンセントの関係上これ以上タップが増やせないのが非常に残念です。
あとケーブルの長さはどれも短かかったです。オーダー失敗しました。
これはレイアウト変更でなんとかしました。

次回はZAC1の上のクラスを手にいれたいですね。
ハードディスクレコーダーやエフェクターにも使用したいです。
レイアウトに配線プランをゆっくり考えて楽しみたいと思います。
タップの配色も大変気に入りました。
以上です。

今後は外出用(ライブやレコーディング)で
タップ、ケーブルも揃えようと思ってます。
その時は是よろしくお願いいたします。
更にスピーカーを変えたらまた全然かわるんでしょうね。
これはしばらくできませんが…。

No.193 千葉県在住 エイショウ氏 ZAC1fs/ZTP4

使用して1ヶ月半程になり、そろそろ落ちついた頃となりましたので
感想をご報告します。

使用環境は
PMA DENON PMA1500R?
CDP TEAC VRDS-15
にそれぞれ電源タップを経由して繋ぎました。尚壁コンはFIM 880を
SPはB&W CDMという構成です。

ダイナミックレンジ、解像度などの言葉を使うと多くの人とおおむね
同じ表現になると思います。私は、サウンドが前に出て心地よく聞ける
ようになったと感じます。オーディオは人により好みがありますが、
楽しくて気持ちよくなければつまらないと思います。その意味で大変
満足しています。

実はもうひとつ、他の人とは少しだけ違う使用方法と感想があります。
電源ケーブルを2本購入したのは訳があり、1本はパソコン (自作PC)
にも使用しています。それというのも私はPCに多く音楽ファイルを
保存し、それを再生してジュークボックス的に使用しています。

出力はRCAでPMAに繋いでいます。HDDトランスポート的な使い方を
すれば音は変わると思いますが、現状で可能な限り音楽再生能力を
高品質にしたいと思いZAC1fsを使いました。PCの内部は音のため
いろいろと手を加えています。RCA接続ですから再生ソフトにも気を
使っています。ただ一つ電源ケーブルだけ手を加えて無かったわけです。

もちろん音は変わりました。激変とはいきませんがいい方向です。
それともう一つが、PCの安定に貢献するということです。PCでも
電源まわりが重要であることは、説明の必要がないと思います。ただ
残念ながら、PCの電源関係に神経を使っている人は多くいません。
ましてこのような、高価なパーツ(PCパーツとした場合)に交換する
人は滅多にいないでしょう。でも今のPCはさらに高性能化へと進んで
います。私はもっとPCの電源に関することが、注目されてもいいと
思います。

貴社の製品は、オーディオを含めほかの機器に使用してもよい結果を
もたらしてくれます。

No.194 京都府在住 竹中氏 ZAC1

システムの構成は以下の通りです。
CDP   : SONY SCD-777ES (中古)
アンプ : SONY TA-F5000 (中古)
スピーカー : Magnat Vintage450
CDP→アンプ : CANARE RC01
(RCAインターコネクトケーブル 1m ショップ経由でメーカーに依頼して作製)
スピーカーケーブル: CANARE 4S8 (スピーカーのジャンパには4S6を使用)

スピーカーケーブルはバイワイヤにしようとは思っているのですが、
時間がとれず、セッティングしなおす面倒さから
前のアンプの接続をそのまま引きずってしまっています(汗
前回にもお話したと思うのですが、CDPとスピーカーは、
共に奥まって音場が展開する傾向があるようです。

最初のZAC1はCDPに使わせていただいたのですが、
音場が前に出たせいか左右への拡がり感の向上も感じられ、
また中域が濃くなったせいか音像も濃くなったと感じました。
数日置いてアンプにも使わせていただいたのですが、こちらはCDP以上の激変でした。
とにかくつないで数時間は聴いていて息苦しく、
使用感のページにもありましたが、各音域がちぐはぐに勝手に鳴っている感じになりました。

しかししばらく鳴らし込むとつながりも良くなり、
CDPと同じ傾向ではありますが、全域に渡って大幅な向上を感じました。
ZAC1を2本使ってみての印象なのですが、
どうも30時間あたりにエージングの大きな山があるような気がします。
それ以降の変化はディテールやスムーズさの向上に向かっていくように感じます。

今の時点で、少なくとも80時間は鳴らし込んだかなと思うのですが、
ZAC1非常に良いと思います。
電源ケーブルとしては非常に安価であること、
作製時に柔軟に対応していただけること、
また製品としての仕上げの丁寧さもですが、
なにより自分が非常に好感を持ったのは、
音色をさして変えずに、音場や音像感の向上に大きな効果を感じられたことです。

しかしそれとともに、システムの弱点も明らかになってしまうようです。
自分の構成でいえば、スピーカーのエージング不足が露呈してしまいました。
ツィーターのキツさを以前よりもはっきりと感じます。
でも自分としてはまさにこういうパーツが必要だと考えていました。
やはり、システムの現在のエージング状況を示してくれなければ
対策や追い込みも出来ないと思いますので。

No.195 東京都在住 AE2001氏 ZAC1

壁コンセントと電源タップ間に使用する目的でZAC-1を購入いたしました。

(周辺機材)
●壁コン=WATTaGATE381
●タップ=CHIKUMA CPS22-CLを改造(コンセントをLeviton8300クライオとCCR-DXに変更。
 さらに内部配線を1.6mm純銀単線+0.4mmオーグラインをノイズビートデープで防磁したも
 のをパラレルで結線)

(エージング期間を通して試聴したもの)
●ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ(クレーメル[vn]+アファナシェフ[pf]/DG)
●R.シュトラウス:交響詩『ドン・キホーテ』(ケンペ指揮ドレスデン国立管弦楽団/EMI
 ――オーケストラだけではなく弦楽器のソロや多彩な打楽器も含まれているため)壁コンセント
と電源タップ間のケーブルは導体面積の大きいもののほうが経験上有効でしたので、5.5sqのZAC-1
はその意味ではまさにうってつけでした。 
使用した感想は、情報量がひじょうに豊かになり、音楽が余裕をもって響き、その結果としてS/N
比も相対的にアップするという、ある程度予想されたとおりのものでした(導体面積の大きさという
物理的な要因により)。

さらに、電源タップ内の線材の色が強く出すぎていた部分がかなり整理されることも期待していたの
ですが、それも期待通り。例えば、ヴァイオリン・ソロやピアノの高音域が繊細ではあるが多少人工
的な響きがする部分が改善され、自然な感じになったことなど。 
しかし、それ以上にケーブル自体の質の高さは特筆されるものでした。
中音域から高音域にかけての再現性がすばらしく、かといってそれがまったく刺激的な響きにならず
(例えばシンバルの強打)、オーケストラの大きな響きに埋もれがちなトライアングルやハープ、タ
ンブリン等の音の存在感がはっきりするようになりました。

それと関連して倍音の再現性もアップしたため、トランペットなどの音はもとよりトロンボーンなど
の低音管楽器の響きがとても実在感をもってきこえることも特筆もの(金管楽器は低音でもけっこう
高い周波数の倍音を含んでいる)。
ケーブル自体の特性としては、中高音域のそうした特徴が顕著であるように思います。
少し意外だったのは、低音域がもっと前面に張り出してくるかなと思っていたところが、押し出しは
かなり控えめであったかわりに、量感が豊かな分厚い響きだったこと(この部分だけは、もう少し締
まりがある直接音が聞こえたほうがライブに近く、個人的には好み)

 壁コン〜タップ間のケーブルはいくつか試してみたのですが(かなり値の張るものものも)、少な
くともわたしの機材ではZAC-1が最も狙いどおりの効果がありました。
ただ、ちょっと元気が良すぎるかな、というところは充分許容範囲。 エージングがほぼ完了した時
点での印象は大体以上ですが、エージング期間中はかなり変化しました。
基本線はあまり変わらないのですが、初めの10時間ほどは「おや?」と思うほど帯域バランスが不自
然なところがあって、例えば、ヴァイオリンの中低音と中高音の音色が明らかに変わっていたり、ヴ
ィオラのソロとチェロのソロが交差する部分など、聴き分けられないことがありました。

しかしそれも20時間ほどするとウソのように自然になりました。
壁コンセント〜タップ管のケーブルでこれほどの変化があるのも意外でした。
やはり導体面積の大きさからくるものでしょうか。


No.196 岩手県在住 阿部氏 ZAC1s

ZAC1のシールドオプション使用のその後の使用感を報告させていただきますね。
ホームシアター自体を本格的に構築したのは今回が初めてです。
今までは茶の間へAVアンプを普通のケーブルタップでつないで
スピーカーも薄型のもので聞いていました。
それはそれで5.1chの世界を教えてくれたのですがシアタールームの専用室を作り
電線の引き回しを考え、コンセントもホスピタルコンセントとして使用しました。
コンセントを変えたときでさえ音の分解というか川のせせらぎの音や風の音や
衣擦れの音が聞こえました。それだけで感動しました。

根岸さんのケーブルをHPで知り、AVアンプとDVDプレーヤーとプロジェクターに
使用することを決めて購入しました。
初めて箱をあけたときの第一印象が蛇のようだと感じました。
期待しながら初めての音出しです。
使用したのはライオンキングのDVDでした。
最初のオープニングの歌や自然の歌がお気に入りなのです。
びっくりしました。いろいろな音がはっきりと聞こえてくるのです。
今まで聞こえなかった音が聞こえ低音が響き渡り、臨場感に酔いしれました。

早速、妻と子供と一緒にみましたが音になれていない妻は音がすごすぎて
低くしてと言われボリュームを下げましたがそれでも小さな音がしっかりと
聞こえてくるのには驚きました。
購入から3ヶ月たちましたが、低音は確かにうるさくなくなりました。
それでも相変わらずの臨場感あふれる音に包まれながら
毎日のようにDVD鑑賞をしています。

最近では地元の小さな映画館へ行くよりは自宅でゆっくりとしたソファーで
楽しみながらみる我が家のシアターにはまっています。
デジタル機器の追加とともにコンセント数が少なくなりましたので
今回の購入をしたいと思います。

追伸
人間の耳はいい音に慣れてくるともっといい音を聞こうとするのではないかと
最近思います。自宅のシアターで聴く音にくらべ、販売店で流している音が
耳障りに聞こえ、カーオーディオの音も聞きずらくなりました。
何よりも友人のホームシアターよりも我が家の音の方が臨場感あると言われたのには
うれしい限りです。


No.197 愛知県在住 H.A氏 ZXLR

CDPが今朝程帰ってきまして
やっと 先日送って頂いたZXLRをつなぐことが出来ました。

まだエージングの段階で、感想をお話するのは早いのですが、
まず第一印象ということで
ケーブルですが、しばらく眺めていただけなので気が付かなかったの
ですが、見掛けによらず柔らかい(取り回しが楽)のにちょっとびっくりです。
見掛けではもっと堅いような感じがしていました。

取り付けは、CDP(CEC TL51XZ) と AMP (マランツ PAー01)をつなぎました。
それぞれを平置きで、横に並べているせいでしょうか、ケーブルをちょっとねじって
やらないとコネクターがはいらなかったです。(問題になるレベルではまったくあり
ません)

いよいよ 音だし
CDPが 調整に出ている間、ミニコンポのCDPをつないでいたので
その印象との比較になってしまうかもしれませんが
相曽晴日を最初にかけてみました。

最初に気が付いたのは、S/Nの良さです。非常に良い印象をうけました
夜など小音量で聞くことが多いのでこれは非常にありがたいです。
ちょっと「さ行」がきつい印象 エージングがすんでないのでエージングがすすむと
改善されるとおもわれます。

つぎは アコースティックギター
内田勘太郎
指板の上を動く(キユッ!!という感じの音)もクリアにでます。
改めて S/Nの良さを実感
と立て続けに、本日はCDを聞いておりました。

本日聞いていた感想をどう表現すればよいのか、ちょっと悩みましたが
「素直!!」という表現がはまるような気がします。
CDPが出したものに色をつけず そのままアンプへ送り込んでる感じです。
どこかのCMではないですが 「なにも足さず なにも引かず」ですね。
まだ エージングの段階ですが このような印象をもちました。
以上 乱文ですが 感想を述べさせて頂きました。

※追加 ZAC1fs※
自作のACケーブル(藤倉電線CV-S 3.5Sq)から
アンプ、CDPの両方を一気に交換です。
HPのインレットソケットのグラつき防止を参考にさせて頂き
マスキングテープでぐらつき防止を最初から行いました。

自作ケーブルは、とにかく固かったので取り回しが大変でしたが
ZAC1fsではそのようなことはなく楽に取り付けができました。
取り換えた直後の音は、やはり全体的に固く荒い感じがしました。
先週にCDP、アンプ間ZXLRに変えておりエージングもかなり進んだ状態だと
思いますが ZAC1fs、ZXLRの双方のエージングの影響かもしれません。

土曜日は、1日中CDを演奏状態にし約20時間位エージングを実施した所
での感想は、音のバランスが良くなった様な感じです。
自作と比べると、低音の押出感は良い勝負なのですが、繊細感は
ZAC1fsの方が繊細で良いと感じました多分S/Nがよいのでしょう。

ZXLRのエージングも済かけてきたみたいで、前回報告させて頂いた時よりも
楽器の響が綺麗に出るようになりました。
またこのせいでしょうか 音像がスピーカの手前で結ぶ様になり奥行きが
感じられる様になりました。
全体的に良い方向へ向かっています。
ありがとうございます。


No.198 千葉県在住 Y.H氏 ZTP6/ZAC1

そろそろエージングの方もご報告できる段階まで進んだかと思いますので、遅まきな
がらメールを送らせていただきます。

数年前にオーディオテクニカのノイズフィルター付電源タップを導入した際、気に
なっていた音の暴れやとげとげしさがある程度解消されたため、システムにおける電
源の重要性はある程度理解しておりました。
ただ上記のタップは尖っていてほしい、鮮烈であってほしい部分の音までも均等に丸
くしてしまい、聴き易くはあっても面白みに欠けるサウンドに最終的には落ち着いて
しまったのです。なので、それ以上の投資をためらう気持ちが自分の中にはありまし
た。

それが最近、物は試しと壁コンセントを松下電工のホスピタルグレードへ変更してみ
たところ、明らかに好ましい方向へ音が変化してゆくではありませんか。
これは大変(?)だと思い、同じように出来るだけ安価で良質なケーブルやタップを
探した結果、こちらにたどり着いた次第です。
当初はZTP6のみを新たに組み込み、続いてケーブルをZAC1へ変更するという
形を取りましたが、どちらかというとZAC1、それもプレーヤー側で最も大きな変
化を感じました。

共通して言えるのは、ステージ全体の重心が下がり、各々の音のエネルギー感が増す
こと。ただし、導入当初はその傾向が顕著過ぎて、ソフトによってはボーカルの子音
部分がきつく、音がごちゃついてうるさく感じたり、あるいは逆にぼんやりした、眠
くなるようなサウンドに思えるケースもありました。
他のみなさんのお話を聞いていると、初めから目の覚めるくらいの変化を実感された
ようですが、私の場合は残念ながらそうはいきませんでした。「良くなりつつはある
ものの、もどかしい部分が多々……」といった感じです。

これは、と思えるサウンドがスピーカーから流れだしたのは、2ヶ月ほど経ってから
のことです。それまで狭い所に押し込められていた感じの、平面上にベタッと貼り付
いていた印象の音が開放され、前後左右にのびのび、生き生きとした表情をもって躍
動し始めました。ひとつひとつの音像の間隔が明瞭に見て取られ、かといって空疎な
イメージはまるでなく、それぞれが音楽的に絶妙な形で絡み合うようになったので
す。

以前はバックの演奏に埋もれがちだったボーカルも、程よい張り出し加減で出過ぎる
ことなく、その存在感を示しています。また、これまでは歌い手の顔しか見えなかっ
たのですが、いまや全身が姿を現しつつあるようです。気になっていた子音のきつい
響きも、目に見えて解消されてきました。それに伴い、細かい表情も把握できるよう
になってきたと思います。

さらに特筆すべきは、ドラムやベースといったリズム楽器の力強さ、歯切れのよさで
しょう。ドラムのアタック感は、私が自分のシステムに対して最も物足りなく感じて
いた部分のひとつでしたので、今回の改善には心より感動をおぼえております。
総合して根岸通信様の製品は、「そのシステム本来の能力を引き出す」術に長けてい
るのではないかと、私なりに思います。それはつまり、自分の機器を正しいバラン
ス、自然な色調で見直すことが出来るため、長所と短所をより的確につかめるという
ことでもあります。導入したことでの音のグレードアップはもちろん、将来的な機器
の買い替え時に際しても、力になってくれるように思うのです。

今回は大変良い品を譲っていただき、本当に有難うございました。
ご報告が遅れたにもかかわらずの乱文・長文、ご容赦ください。それでは。

No.199 神奈川県在住 Guile K氏 ZTP6/ZAC1

接続は以下の通りです。
・壁コン → ZTP6 → ZAC1 → CDファイルサーバ (WAV再生用)
・壁コン → ZAC1 → HTPC (サウンドカードは RME DIGI 96/8 PST)

構成は以下の通りです。
CDファイルサーバ / Data
 |     (Gbit LAN で接続)
HTPC / CD, DVD Transport
 |     (SAEC OPC-X1 で接続)
DENON AVC-3300 / AV AMP
 |     (AET 6N14G/EZ で接続)
PMC TB1SM x5 / Speakers

YAMAHA YST-SW800 / SW (根岸通信 ZRCA 1.5mで接続)「パソコンの電源ケーブル変更で、音質は向上するのか?」

変わります。 変わりました。 圧倒的に向上しました。
おそらく家電用CDプレーヤーの電源ケーブル交換と同じ効果だと思います。
音の密度が上がり、エネルギッシュに響き、それでいて余韻は音の粒子が
弾けるかのごとく美しく消えて行きます。
また、音場が広大になりました。 
スピーカーの幅以上に音が広がる、という体験を初めてしました。 
驚愕です。

追加シールドオプションの効果でしょうか、ノイズが全く乗りません。
AVアンプのボリュームを最大にしても、全く音が聞こえません。 凄いです。
PCと家電では電源の構造も違うため、気休め程度にケーブルを交換したのですが
ここまで違うとは全く予想外でした。 
HTPCユーザの皆さん、これは良いですよ。

映像面では、PJ側のケーブルもZAC1に交換しましたが、発色が力強くなりました。
特に赤の美しさが秀逸です。 恋に落ちたシェイクスピアでは、エリザベス女王の
煌びやかな装飾、シェイクスピアの舞台衣装のビロードの質感など、良い感じです。
光量も上がったため、これで心おきなくNDフィルタを追加できます。
当方は根岸通信のケーブル導入に際し、予め1週間前に壁コンセントを
Acoustic Reviveの CCR-DXに交換していました。

壁コンの交換で音の持つ美しさが向上し、ケーブルの交換で音の持つエネルギーと
躍動感が向上し、やはりセットで交換して正解だったと思います。
使用レポートで伺っていた通り、根岸さんのケーブルは最高のコストパフォーマンス
だと思います。 今まで使っていた Acrotecの1万円ケーブルより、圧倒的に良いです。
標準ケーブルからの交換では、「交換前の音質の方が良かった」という人は
まずいないと思います。 周りの友人にも、心おきなく勧める事ができます。
ただ、太さ故の曲げにくさ・捻りにくさが難点で、自重も予想以上にあります。
そのため取り回しに空間的余裕が必要で、オーダーの際も長さの余裕を持って
依頼する事が必要だと感じました。 また、変更後の数時間はかなり変な音で
鳴りますので、根気良くエージングを続けて下さい。

P.S. その後、ZAC1fsを使用しました。
 以前使用していたAVアンプは電源ケーブルが非着脱タイプだったため
 ZAC1fsのケーブルは、AVアンプ本体と同時交換となりました
 (AVC-3300 → AVC-3890 + ZAC1fs)。
 従って、詳細なインプレは差し控えます。
 が、世界が変わりました。 本物の音楽になりました。 幸せです。

No.200 茨城県在住 伊藤氏 ZAC1

CDプレーヤーとプロジェクターの電源ケーブルとして使用した感想を述べたいと思います。

(CDプレーヤー)
デノンCDプレーヤーの電源ケーブルをベルデンケーブル(特注品)からZAC1ケーブルへ取替え
2週間が経ちましたが、本ケーブルの電源供給能力の高さからか使用中のスピーカーから以前
から不満であった低音に力感が加わわるとともに、バイオリン、管楽器、声楽等の音楽が生々
しく立体的に聞こえてくるようになりました。(特に素晴らしいと思ったところは、小音量で
も低音が薄くならないところです。)

(プロジェクター)
三菱製液晶プロジェクターで100インチのスクリーンに投影しておりますが、従来からの不
満は発色自体は素晴らしいが、場面でのピンボケや液晶の泣き所である暗い場面での黒浮きが
気になり買い替えを検討しておりましたが、本ケーブルを使用したところ、全般的に色の濃淡
が鮮明になるともに、特に白、赤、黒の各色にハッとされました。
また暗部での黒浮きが視覚上あまり感じなくなりました。
とてもよい方向に改善され満足しています。

以上、本ケーブルは、値段も手頃で対費用効果が抜群だと思います。

最後に現在使用中の機器は、次のとおりです。
<音楽用>
プリアンプ・・・アキュフェーズ C-200X
パワーアンプ・・・アキュフェーズ P-300L
CDプレーヤー・・・デノン DCD-1650AZ
スピーカー・・・ パイオニア S955?
スーパーウーファー・・・ ヤマハ YST-SW1000
<AV用>
AVアンプ・・・ヤマハ DSP-AX3200
センタースピーカー JBL SVA-1500
サラウンドスピーカー BOSE モデル314
液晶プロジェクター 三菱 LVP-L01
DVDプレーヤー SONY DVP-N715P
スクリーン OS(100インチ)


1〜10】【11〜20】【21〜30】【31〜40】【41〜50】【51〜60】【61〜70】【71〜80
81〜90】【91〜100】【101〜110】【111〜120】【121〜130】【131〜140
141〜150】 【151〜160】【161〜170】【171〜180】【181〜190】【191〜200】
201〜210】 【211〜220NEW】【221〜230NEW
トップページに戻る