1〜10】【11〜20】【21〜30】【31〜40】【41〜50】【51〜60】【61〜70】【71〜80
81〜90】【91〜100】【101〜110】【111〜120】【121〜130】【131〜140
141〜150】 【151〜160】【161〜170】【【171〜180】【181〜190】【191〜200
201〜210】 【211〜220NEW】【221〜230NEW
トップページに戻る


No.151 東京都在住 K.M氏 ZAC1他
未だ「エージング中」といえるのかもしれませんが、ZAC1の使用感想を「中間報告」いたします。
末尾記載の機器で、主にクラシックのオーケストラ曲(CDソフト)を聴く私にとっては、やはり、
このケーブルがもたらす「聴きやすさ」、「聴き疲れしないこと」、「高音域の強調感を静めること」
などが、最大の魅力です。
但し、これは決して「甘くまったりした音になる」とか、「クリアさが犠牲になる」といったことと
は別物です。
以前から、ヴァイオリンなど高弦群の強奏などで「耳当たり」がキツクなってしまい、生の演奏会の
音とはかけ離れた、聴き疲れする音になる傾向が大きな悩みでした。
末尾SPの音の基本的傾向(奥行きを含めた広大な音場感、重低音をリアルに再生、クリアな音抜け
等)は捨て難く、SP交換はせず、この悩みを解消する手段としては、SP位置変更、アンプ電源の
独立、RCAケーブル交換など様々試して来ましたが、どれも期待した効果はありませんでした。
ところが、このケーブルをCDトランスポート(CDT)の電源に使用すると、不思議なほどに、こ
の傾向を静めてくれるのです!
まだハッキリいえませんが、DACにこのケーブルを使用するよりも、CDTに用いるほうが好結果
のようです。
理由はどの辺にあるのでしょうか?CDTという「駆動系機器」の電源ケーブルが、どうしてこれほ
ど音に直接的に好影響を与えるのでしょうか?(素人推理ですが、CDTからのデジタルノイズ?が
アナログ系機器に入り込むことを抑制しているのでしょうか?)
他の機器にもZAC1を使用したらどんなことになるのかも興味あるところです。ご助言戴ければ幸
いです。(10年使用のLUX・L−570の音はどうしても捨て難く、このアンプにも貴社ケーブ
ルを使ってみたい心境ですが、本機は脱着式電源ケーブルでないので諦めか・・・・・)
以上、中間報告ですが、今の心境は、大変良いケーブルに出会えたことを感謝しております。
貴社のご繁栄をお祈りいたします。
<使用機器>
SP:米国インフィニティー社「ルネサンス90」
AMP:LUX社 L−570
CDT:英国アーカム社「DELTA250」
DAC:同社「BLACKBOX500」


No.152 千葉県在住 中村氏 ZTP4me・ZAC1
根岸さんの電源タップだけでかくも、私のオーディオが変わるのかと、ここ数日驚異です。
私は一応オーディオ歴30年以上ですが、システムはありきたりで、かつ時代遅れ。
ただ私のユニークなのは、録音趣味で、2トラ38もやりましたし、DATだけでも5台も
購入しました。
今は、24bit/96kHz のパソコンでの録音ですが、DVD-Audio まで自作しております。
ピアノ発表会、高校の吹奏楽部と社会人の吹奏楽バンドの演奏会を良く録音します。

現在のシステムは、
スピーカー ダイヤトーン DS-2000HR
アンプ   サンスイ   AU-α907 Limited (MOS FET)
CD    デンオン   DCD−S10V
CD    マランツ   CD-17D
DVD   パイオニア  DV-S747A
で聴いております。
電源タップを代えただけで、こんなに素晴らしい音質になるとは。
私のシステムもまだまだ捨てたものではない。と言うか、僅か2万足らずの出費で、かく
も素晴らしく蘇るとは、驚異です。
ありがとうございました。


No.153 神奈川県在住 小川氏 ZTP4・ZAC1b
小職のシステムになじんできましたので若干の感想を報告致します。
 CDプレーヤー/DAコンバーターにつなぎ直して2週間。
 つなぎ直した瞬間から音が激変致しました。高音から低音までのSN比が向上し
 音がはっきり聞き取れ、特に低域が伸びた(突き抜けた)と
 感じました。感じというより事実です。
 この後、プリ/パワーアンプ/タップをすぐさま追加注文致しましたが、
 更に、全体の空気感の伝わり方がリアルに分解能のアップに変化しました。
 例えばですが、オーケストラの奏者が楽譜をめくる音やイスのキシム音が
 リアルに聞き取れる、信じられない状態となっております。
 また、あまりにもローエンドが伸びるためスピーカーの位置決めを再度
 やり直しているところです。
 なにはともあれこの価格ですばらしいの一言!!
 機器構成
 CDプレーヤー:デノン DCD−SA10
 DAコンバーター:Vimak DS−2000U
 プリアンプ:マークレヴィンソン NO38SL
 パワーアンプ:ジェッフローランド MODEL2
 スピーカー:THIEL CS7 & DALI EMPHONIA MS−5


No.154 山口県在住 村上氏 ZTP2me・ZAC1
電源ケーブ ルの交換はつい最近始めたばかりで、それもありあわせのケーブルやお粗末な手作り
ケーブルで様子を見ていたところ、インターネットで根岸タップ&ケーブルに遭遇し たのです。
使用機器は、エソテリック X-50W CDプレーヤーとプライマーの301Lプリ メインアンプで、ス
ピーカーはハーベス HL5。
しばらく前にデンオン DCD1650GL を X-50W に変えて以来、音の調整に悪戦苦闘しており、根
岸タップ&ケーブルもその最 中での購入でした。
根岸タップ&ケーブルの使用は成功で、付属ケーブルと比較する と音場が立体的に拡大し、それ
までの重苦しく密集していた音像がリラックスした感 じでほぐれ、構えの大きなサウンドになり
ました。
低域のエネルギー感と解像力が増 すのも良い点です。
通電開始直後は音が低域に片寄りすぎ、特にアンプでは高域の精 彩感が消えて慌てましたが、1
週間程度で落ち着きました。
最終的にも高域はやや抑 えぎみですが、これは容易に対応可能な範囲。
根岸タップ&ケーブルは妙な癖を付与 せずに音場感を整えるので安心して使えると判断しました。
電源ケーブル関係が決ま ったことで、ボード、インシュレーター関係の試行錯誤に本格的に突入
できました。
ゴールが見通せない時には信頼できる基準点がないと途方に暮れますからね。X-50W は置台やイ
ンシュレーターに恐ろしく敏感で、一時は HL5 との相性が悪くどうにも ならないのでは、と落ち
込みかけていましが、先週末についにまずまずのサウンドに 仕上がりました。
HL5 のナチュラルで優雅な質感に X-50W の重厚な彫りの深さが合 体し、バロックもジャズもな
かなかのものです。これでしばらくは落ち着きそう。


No.155 『スタジオ エーヴァージョン』様 ZTP8・ZAC1他
御社ケーブルを使用して約1週間になりました。
いや、想像以上にクオリティー上がりましたよ。
抜けが良くなった、と言えばひとことなんですが、以前と比較すれば、
単なる平面から立体的に音場が伸び、浮かび上がるようです。
高中低音とも、どこが、と言うより全体的にシャープ感が増し、
全てを1ランク以上高い機材に買い換えたようです。素晴らしい!
特に生音がほんとに綺麗です。
ウチではノイマンU87のマイクから直にAMEKのプリアンプ、コンプを通し、
マックのオーディオインターフェイスに通しています。
その全ての機種のケーブルをチェンジしましたので、音圧感にもゆとりを感じます。
ヴォーカルの個性をそのまま捉えています。ツヤっぽくなった、って感じですね。
またM3000のリバーブがほんとに綺麗。
音が伸びていって消える残像が見えるようです。
いや、これだけではないんですが、ほんとに感動モノです。


No.1
56 茨城県在住 林氏 ZAC1
昨日今日とケーブル変えたシステムで音楽聴きまくっています。これほど変化すると
は正直思っていなかったです。
実はデノンのPMA-2000IIとマランツのPM6100SAを持っているのですが、デノンが大き
くて設置スペースが厳しいのとリモコンがないので泣く泣くグレードダウンの
PM6100SAを使っておりました(スピーカーはJBLの4312A)なんとか少しでも
音質あげられないかとあれこれ模索していたところで同じPM6100SAお使いの方の話が
載っていたので購入に踏み切りました。もう同じアンプかと疑ってしまうほどの音質
の変化でした。
具体的には当方の比較ではPM6100Aは低音が軽くて高音はきれいなのですが、購入し
たケーブルに変えたら低音はちゃんと出るしこもっていたような低音の音場も広がっ
て、ほんとに驚きました。きれいな高音をスポイルしないで低音を力強くするところ
が相性がいいのかもしれませんね。なにりも救われたのは当方はいろんなジャンルの
音楽を聞くのですが、PM6100Aによるそれらの得手不得手が無くなったことが一番あ
りがたいです。


No.1
57 東京都在住 Y.H氏 ZAC1
届いた電源ケーブルをCDPに接続して1週間。
エージングも進んだようです。
CDPを買い換えた時に、「こんな音も入っていたんだ」という驚きが
「まだ、こんな音が入っていたんだ!」と改めて、解像度が上がった事を実感してい
ます。
また、音と音の間の静寂な空気感といったらいいのでしょうか?
そういったものを感じるようになりました。
今まで高音が耳障りで、苦手だったバイオリンソナタのCDが
お気に入りになってきました。
いろいろアドバイスありがとうございました。
少しずつ自分の好みの音に近づいて来ているような気がします。
それに、壁コンセントを替えてからテレビやDVDの音や発色までが
よくなって。。。


No.1
58 神奈川県在住 宮田氏 ZAC1fs
ところでこの前購入した ZAC1fs の感想ですが...。
今回は正直、驚きました。付けた途端に激変しました。
以前 ZAC1 を購入してから、そのバランスの良さを気に入っていました。
低音が基本となり自然な高音の抜けを味わっていたので、その持ち味がさらに良くなる
とは想像していたのですが...
あの太さでエージングなしにここまで変わるとは...今回はラックスマンのプリメイ
ンを壁コンから直接繋げるということで2m強の長さにしてもらい、電源プラグをマリ
ンコ仕様にしていただいたのですが、解像度の向上がすぐに体感できました。
何より嬉しいのは、濡れたような艶が低域から感じられることでした。
音の輪郭はかなり明瞭になりましたね。適度な締まりと艶のバランスは大変良いです。
私が主に聴くのはピアノ、管弦楽器で、その音の浸透力と残響音の消え行く際のプレゼ
ンにこだわりを持っているので、今回はアンプを壁コンから直接引いたこともあるので
しょうが、私の一番求めていた部分の改善とその効果に、本当に買って良かったと思い
ました!!
以前、アンプは、電源タップ(ZTP2改)を通し、AET製品で自作した GAIA ケーブル
を繋いでいました。
ラックスマン自体独特の雰囲気・艶が気に入っていたのですが解像度が若干甘くAET/
GAIA はそれなりにマッチしていました。しかし、ペン先が尖ったような緻密でクール
な音に音楽的に楽しむというよりもオーディオ的な解像度を求める方向性が強く出てい
たと思い(聴き疲れるというやつですね)、自分の求める音と違うと感じていました。
クライオ処理には興味があったのですが、ロジウムメッキの良さということには、あま
り関心がなく ZAC1fs には特に心惹かれることがなかったのです。
しかしフルテックのロジウムメッキも良いものですね。メッキだけでこんなに良くなる
とは。

ところで、私のところでは、今回の ZAC1fs を含み根岸さんの製品が電源コード3本、
電源タップ2個、ラインケーブル1組が活躍しています。
根岸さんの製品で特に感心するのが、変な色付けがないことです。他の部分、機材の変
更の結果が解りやすく、音決めの基準となる製品として信頼しています。
最近は特に電磁波対策にハマッており(電磁波対策とアースの確実性は本当に大切な部
分ですね。機材の善し悪しを決定づけてしまう気がします)、どの部分を対策するべき
か、本当に解りやすくなりました。
効果的な部分と逆効果な部分がハッキリと出てきます。
電磁波対策もやりすぎると音場の拡がりが悪くなる、こもる感じがする等あり、程が必
要ということですね。この点でも助かっています。
また壁コンセントも複数所有していますが、確実に音の判断が出来るようになりました。
今一番気に入っているのはFIM880です。
それまではクライオ処理したコンセントの方が良いと感じていたのに不思議ですよね。
そして、電源部分はビスのトルクの大小が音に大きく影響するというのも実感しており、
一がいに部品の交換だけで良くなるものでもないので、この点も根岸さんの組み上げの
腕の良さを感じます。
根岸ケーブルの美点は、どの製品もこのバランスと色付けが少ないところ(ハイ上がり
にならないところは特に良いと思う。
高域がキラつくと頭が痛くて聴けないです)だと思いますので、これからもグレードア
ップ製品を出す時にはこの持ち味を大切にしていただきたいです。
とにかく ZAC1fs には感激しました。コストパフォーマンス抜群ですね。
以上だらだらと書きましたが、私なりの感想でした。


No.1
59 神奈川県在住 Shiro-Yo氏 ZAC1/s・ZXLR他 
到着しました。
早速開梱。
梱包は非常に丁寧ですね。気持ちを感じます。
ありがとうございました。
やはり想像していたとはいえ太い....ですね。
つくりは非常に綺麗に仕上がってます。とてもこの価格とは思えません。
AMPのACケーブルにZAC-1を使用しました。

システムは
AMP:SUNSUI AU-α607
CD:LHH300R with クライオヒューズ バランス接続
SP:10cm fullrange 自作
今までののケーブルはベルデン(\9000くらい)
S/ALabの廉価ケーブルこれは絶版?プラグ゛が2Pホスピタルのものです。(\15000)
モーツァルトの交響曲からはいってJAZZを聴きました。

第一印象
早速つなげてみましたが評判とおりの音ですね。
いまさら私が言うまでもなく質は確実にかなり向上しました。
エネルギーが上がったような感じになり音に実体感が出ます。
実体感がでるので立体的にもなり定位もわかりやすく濃くなります。
これはとっても大事ですよね?
これがあると高音がどうの低音がどうのといわず音楽に浸れるようになりますね。
でもちょっと表現しにくいです。この感じは。
分解能があがるというと聴き疲れる神経質な音のように連想してしまいますがそれとは
まったく逆です。
ケーブルの屈曲のようにしなやかです。
低音楽器については驚きです。
バスドラの位置が下がり、フロアタムの打面が下がりでたらめな高さが解消しました。
*********************

****エージング*******

*********************
ただ、さすがに初日です。
どのケーブルにもある抜けの悪さと高音と低音のちぐはぐな感じはあります。
これは1週間後が楽しみです。
3時間ほどで徐々に変化してきました。ドラムのシンバル前後位置がわかるようになりました。
私の場合はちょっと早く来たようです。
ここで就寝zzzzzz
AUDIOの電源はOFF!マラソンエージングはいいことありません....

***翌日
大西順子、近藤房ノ助LIVE、モーツァルト交響曲です。
4時間目以降になるとさらにちぐはぐさが消えてきました。
しかし気持ち音が引っ込んだような感じがします。まろやかになったというか
おとなしくなりました。広がりが少々後退したようでバスドラのアタックもつまり気味。
そこで気がつきましたがZAC-1いまいちと評価してしまう方は多分このおとなしくなった音を
聴いて判断してしまうのでは?
そこで比較をはじめてしまうと出てくる感想はたぶん
使用前のケーブルにくらべて切れない低音楽器がソフトになった。
でしょう。
比較のための抜きさしが激しいと中途半端な音になってしまいますのでなおさらです。
小音量で鳴らし続けると顔を出すようです。
そこでボリュームを上げて再生。
しばらくすると..............

変わりました...切れてきました。
ボリュームを上げて聴くと......凄い!
箱庭てきなAUDIOとは違いえらくリアルです。
クラブのライブレコーディング聞くと凄いですよ!!!!
本領発揮というところです。
バスレフダクトに手を近づけると感じる空気の震えがとにかく重いです。
ベースもうなってきます。
たまに大きな音を出したり音楽の聴ける(聞こえるではなく)音量まで上げたほうが良いよ
うですね。
この辺りはインターコネクトと違うところ?
このころになると今までのケーブルととっかえひっかえ比較してみたくなりますがこれをやっ
てしまうと台無しになるので我慢です。
とにかく我慢。
今日はこの辺で就寝です。5〜6時間終了。ZZzzzzzz

***2日目
またモーツァルトとアールクルーとコージーパウエル(支離滅裂です...)
6時間目になりました。
音場が澄んできました。
夏の夕涼みの雰囲気も出るようになり透明感があがってきました。
下も若干スムーズに飛び出るようになりました。
休日で昼間なので音を大きくしましたがやっぱりガツンと気合を入れてあげると変化します。
このアンプはバイポーラの他の機種と違い音が非常に整理されて出て(整理されすぎる感じ
がありました。)
迫力、エネルギー感は今一歩だったのですがあまり気になりませんし同じVOL位置でも音が
大きくなったような感じがします。
高音低音のちぐはぐ感もさらに減ってきました。
12時間が過ぎました。
音場がさらに澄んできました。
統一感も出てきましたので一山超えたのでしょうか。
ただ目立っていた低音があまり気にならなくなってきましたが
少し高音よりにシフトしたような感じです。
FOUR PLAYのCDに変えてみるとベースのドライブ感が後退してもあっとした感じに変わっ
ています。
初日はブルルンという感じでしたが変化してます。高音にシフトしたのではなく低音がマイ
ルドになったようです。
ちなみに高音のギラツキは改善してきました。
初日はアコギを聞くとピッキングの位置とボディー音の出る位置がえらく離れていましたが
今は大丈夫です。
今後どうなるか楽しみです。

**3日目
今日はあまり変化を気にせず好きな音楽を流し続けました。
21時間ほど経過しました。
ちぐはぐさはほとんど気にならなくなりました。
高音のギラツキも同時に解消しています。
中音〜高音は繊細な感じも出てきてVOL大時には細かい音も良く聞こえます。
空間の感じはなんというのかリバーブをかけて広く聞こえるという感じではなく細かい音
が自然に聞こえる感じというのでしょうか。
ミキシング時にいれた効果音やライブの生雑音などホンとよく聞こえます。
J-POPは効果音がよくわかります。
たださわやかになった反面低音はさっぱりしてきて薄くなったように感じます。
ベースも引き気味になり当初のふてぶてしさが減ってます。
なにかこの後、芯のある低音が戻ってきそうな感じです。
もう一息かな?
*いろいろ書いてますが以前使用していたケーブルを大幅に上回っていることは
間違えありませんので。

***4日目
朝1時間夜2時間 トータル24時間となりました。
FOUR PLAYを聴いていますが傾向の差はほとんどありません。
こんなに高音よりだったかなぁと思って聴いています。
キラキラした音に聞こえます。これはこれで
涼しげでいいのですがなにかパンチがないように思います。
初期は体育会系だったのですがいまはやさしい感じです。
今日は帰宅が遅かったのですぐに就寝。
電源はOFF!

***5日目
朝1時間夜2時間 トータル27時間になりました。
今日は久しぶりに自然音セイシェルの鳥の声をとったCDをかけてみました。
以前よりリアルですし何より高さが出ます。
波の音が何か変です。
ショートディレイをかけたようなフランジャーをかけたような....これは??
夜になってFOUR PLAYでチェックしましたが今日はえらく元気がいいです。
ベースのブルンッも聞こえてきてます。
なにか音の彩度が上がってきたような感じシンバルも昨日よりギラギラした感じです。
勢いもありバスドラのアタックも結構出てます。
鳥の声が効いたのかな?
ただこのくらいになってくるとその差はわずかでわかりにくくなってきます。

***6日目
朝1時間夜2時間 トータル30時間になりました。
ようやく1段落したようなのでここで第2印象
硬さがなくしなやかな音です。エネルギー感があり音のエッジがはっきりするためともすると
ただのやさしい音になりがちなところを救っている感じです。
立体感のある音になります。
ドラム、ベースの位置が下に下がります。ウォーム、エネルギッシュ、明快という感じです。
音楽に耳が向くのであまり細かいことが気になりません。あまり細かいパーツを気にしなくなり
ます。
今の段階ではスピード感は普通ですがこれまでの経過から想像するともっと良くなると思います。
(SPケーブル、SPともに静かなタイプなのでそれが影響しているかもしれません)
あまりオーディオ的な演出的な感じはありません。なのでいろいろなジャンルのCDでも得て
不得手はまったく感じません。
他の方のレポートとおおむね同じです。

***7日目
夜2時間 トータル2時間 久しぶりにアールクルーを聞きましたが凄いことになりました!
第2印象よりも断然良いです。
低音の抜けがとてもよくなりバスドラのアタックがすっきりでます。もやっとした感じがさら
に後退しました。
この音は小型SPにぴったりです。
低音の弾力感もでてきました。
中高音に透明感がでてちょっと今までの感じとは違います。
アールクルーが難しいフィンガリングの箇所をつらそうに弾いてるのがわかります。
とても良いです。
他の皆さんのインプレを見るとなるほどと思ったしだいです。
えらく長く書いてしまいましたが参考に(ならないかな?)してください。

PS本文中にもありましたがちょっとした発見をしましたので付け足します。
エージングに使用するCDですが南の島の鳥の声を収録したものが非常にいい効果がありました。
ただちょっとコツがあります。
冒頭などのあまり大きな音(鳥の声)の入っていない部分(気配だけのような部分)をフルボ
リュームに近い音量で鳴らします。
大きな音が入っていないので結構音量を上げられます。その部分だけを繰り返し鳴らします。
結構大きな変化があります。  参考まで......



No.160  宮城県在住 柴田氏 ZAC1fs(new)
早速、DACの旧ZAC1fsを新ZAC1fsに交換して視聴してみましたが
おろしたてとは思えないスムーズな音に驚きました。
旧型のもつ”しなやかさ”はそのままに、さらにS/Nが改善され、
音場の透明感&空間感が向上していました。
「見晴らしの良い音」とでも申しましょうか。
又、音の芯が薄まることはなく、音像がピシッと立つので、”キレ”と
”力強さ”が両立し、結果、JAZZ&クラシックともに再生品質が
向上しました。
以前までのZAC1、ZAC1s、ZAC1fsはどちらかと言うと”パワー感”を
全面に出した”JAZZ向き”な感がありましたが、新ZAC1fsはジャンル
を問わずに必要な情報をスムーズに引き出してくれるように感じます。
2日の視聴(16時間程度)で、力強さを失わずに、ますますスムーズ
になりました。
今まではCDトランスポートに根布産業製銀単線電源ケーブル、
DACに旧ZAC1fsの組み合わせでしたが、
DACを新ZAC1fsに交換すると、CD側の"銀臭さ"が目立つようになり、
結果、「CD側を旧ZAC1fs、DACを新ZAC1fs」でベストのバランスに
なりました。
以前まで金属的な響きが支配的だった渡辺玲子のヴァイオリンが
瑞々しく鳴るようになりました。
接点でこれだけ音が変わるというのも、おかしな話ですね。
ホント、オーディオは分からない事だらけです。
分からないからこそ、これだけ熱中できるのでしょうが...
新ZAC1fsの導入に伴い、CDトランスポート(VRDS-25XS)の限界も
見え始めたので、新たなトランスポートの導入に踏み切りました。
ますます泥沼にハマりそうです。
居心地の良い泥沼ですが...(苦笑)。


1〜10】【11〜20】【21〜30】【31〜40】【41〜50】【51〜60】【61〜70】【71〜80
81〜90】【91〜100】【101〜110】【111〜120】【121〜130】【131〜140
141〜150】 【151〜160】【161〜170】【171〜180】【181〜190】【191〜200
201〜210】 【211〜220NEW】【221〜230NEW
トップページに戻る