1〜10】【11〜20】【21〜30】【31〜40】【41〜50】【51〜60】【61〜70】【71〜80
81〜90】【91〜100】【101〜110】【111〜120】【121〜130】【131〜140
141〜150】 【151〜160】【161〜170】【171〜180】【181〜190】【191〜200
201〜210】 【211〜220NEW】【221〜230NEW
トップページに戻る



No.101 東京都在住/安原氏 ZTP6/ZAC1

マイクプリアンプ、ADコンバーター、オーディオインターフェースに
それぞれZAC-1を使用し、ZTP-4にさして音質の変化を聴いてみました。音源
はHip-Hop系&Loopのリズムセクションでキック、スネア、
ハイハットを単品で録音して聴いたり、ドラムセットを録音したりといろいろで、電
源ケーブル&タップを替える前の音と比較してみました。(ちなみに替える前の電源
タップはTASCAMのAV-P25RMKU、電源ケーブルはそれぞれ製品に付属
の電源ケーブルです。)
録音ソフトはCubaseVST/32で32Bit/44.1Khzで録音しまし
た。
まず一番感じたのが低域が締まったなぁ〜と思いました。
電源ケーブル&タップを替える前の音より低域に存在感が増しました!
中域、高域に関しても伸びが感じられました。
変化の度合いからすると私の環境では低域が一番顕著に変化
しました。
もうひとつ感じたのは(これが一番嬉しかった!)録音した音に1枚
かかっていた薄い幕のようなものが一皮剥けてクリアな音質に変化
しました。いやぁ〜嬉しかった!!
以上こんな感じであります。
あまり面白い感想でなかったら申し訳ないです。
またなにか変化が見つけられたらメール致します。



No.102 和歌山県在住/杉本氏 ZTP4me他

当方のシステムは
アンプ  c-7i+M-7i   
アナログ TD520+MC10.SPUーG+XーLPS+パートリッジ     
CD  CD2100       
スピーカー  センチュリーゴールド  

アナログは、TD 520の特徴か?刺激感のない高域と量感のある低音でそれなりに
満足は出来ますが、少し「ゆるい」「にぶい」。それと中低域がやや薄い。
CDは4万円弱という定価にかかわらずすごく「あたりまえ」の音がして他のメーカ
ーの20万円クラスのCDプレーヤーより気に入っているがやはり少し薄い。  

*まず壁コンセントを明工社ME8502に、タップは以前のまま高域がきれいにの
びて、低域の妙なふくらみがなくなった。好ましい方向に変化。
*スイッチのないフォノイコをZTP4SWに、それ以外はZTP4meに、ME8
502は保持力抜群で、付属のインシュロックを使わなくてもがっちりささっている。

「アナログ」
シンバルやピアノはきれいに伸びてエッジがきっちりと立った。
トランペットははじけるような感じが出た。音抜けが向上。同時に音が太くなったの
で、脳に突き刺さるような不快感は全くない。
低域は量感を失わずに引き締まった感じ。よく弾んで解像度も上がった。全体のバラ
ンスが良くなったためか、薄いと思っていた中低域も厚みが出てきた。今までよく出
ていると思っていた低域は肥満したものであり、タップ使用後の低域はKー1戦士の
ようだ。また、全域で改善されたためか、奥行き感も出るようになった。  

「CD」
アナログと同様の傾向。
変化の度合いは当方のシステムではアナログの方が圧倒的に大きい。
わたしはジャズ以外聴きませんから、他のジャンルではどうかわかりませんが太く厚
みがあってよく弾む音は、ジャズには相性抜群だと思います。
アート・ペッパーに針を落とすと「なんで、テナー吹いてるんやろ?」と。
電気を通すガスホース?にも、手作りでないと出ないあの雰囲気にも感激。

【追加】
うれしくて十時間以上聴きました。コストパフォーマンス抜群です。
2本のZACを色々迷った末、アナログプレーヤー用強化電源とCDの音の入り口に使用し
ました。
ZTP4meを使用してとても良い方向に変化したので今回は、そんなに大きな変化はない
かもしれないと思っていました。概ねタップと同じように、伸びているのに脳に突き
刺さる不快感がない高域、引き締まっているのに量感がある低域。
早い話、更に“気持ち良く”なりました。
タップの時はアナログの方が変化が大きかったが電源ケーブルではCDの方が変化が大
きかった。
元々CDは奥行き感があまりないような気がして好きではなかった。
交換すると奥行き感が出ました。これからはCDにも眼を向けなければ!あっ、それか
らタップも電源ケーブルも当方のシステムでは古い録音ソースの方が変化の度合いが
大きかった。


No.103 愛知県在住/成田氏 ZTP6/ZAC1他

さっそくケーブル、タップを今までの物から替えてみました。
音の密度が倍になったように感じます。
しかもパワーと繊細さが両立しているのは驚きでした。

正直な話ここまで激変するとは思ってなかったです。

今までそれなりに満足して聴いていたのは何だったんだ!?
とさえ思ってしまいます。
ちょっと大げさに思うかもしれませんが、オーディオ初心者の率直な感想です。
今までやって来た高音質化対策のなかで一番効果がありました。



No.104 福岡県在住/奥薗氏 ZAC1

早速,使わせていただきました。アンプ側の取り付けが
少しゆるかったのですが,根岸様のHP出のご紹介を参考
してマスキングテープで補正したところ,ぐらつかなく
なりました。それから,極性を確認し,コンセントに差
込み,アンプのスイッチを入れたところ・・・。音が全
体的に浮かび上がったような感じになり,ビックリしま
した。バイオリンやギターをはじめ,ピアノの音もなん
と生き生きしていることか。これでエージングが進んだ
ら,どんな音になることかとわくわくしています。期待
した以上の成果でした。これならCPが極めて高いと感じ
ました。
本当によいお仕事をなさってますね。職場のオーディオ
仲間に自慢しようと思っています。



No.105 東京都在住/笠松氏 ZAC1

CDプレーヤーの電源ケーブルを今までのものと根岸さんのものとで交換して
2人でブラインドテストをおこなってみました。
結果は100パーセントの正解率、しかも2人とも。
正直驚きました。
普段、選曲の仕事などもしているためCDの音質向上には非常に興味がありました。
変化としては、低域、中域でファット感が増し、かつ抜けが悪いわけではないと
いう印象でした。よいMIXのCDはよりよく再生させるのではと思います。
ヤバイMIXのCDはヤバイままに、、。

今度は生音収録時のADDAに使ってみようと思っています。



No.106 東京都在住/A.Y氏 ZTP8/ZAC2

1ヵ月半ほど使用した感想を述べさせて頂きます。
初めに使用環境をご説明します。

CD/DVD player: Pioneer DV-S5
LD player: CLD-R7G
AV amplifier: YAMAHA DSP-A2(pre-amplifierとして使用)
Power-amplifier: YAMAHA AVM-3000(Main LCR, Front effect) SONY TA-N220(Rear)
Main SP: B&W Nautilus805
Center SP: YAMAHA NS-C103
Rear SP: YAMAHA NS-10MM
Front effect SP: YAMAHA NS-10MM
Sub-woofer: YAMAHA YST-SW80
SP cable: Monster XP
Line, S cable etc.: Victor製 低〜中価格帯ケーブル

今回根岸さんから購入させて頂いた電源ケーブルはDV-S5に、
また電源タップはDV-S5,CLD-R7G,DSP-A2,AVM-3000,TA-N220の電源として使用いた
しました。

まず初めに2chとして聞いたときの感想です。S5 -> A2の接続はアナログ接続です。
繋ぎ替えた初めの印象は、皆さんが仰っているように、一聴してS/Nが向上したよ
うに感じます。
しかし、これは正しい言い方ではありませんね。
なぜなら、無信号状態でボリュームを開いた時に聞こえてくるWhite Noiseのレベ
ルは少なくとも私の耳で確認する限り変わりません。
実際、普段良く聞くCDをかけてSPのそばに耳をつけてみましたが、DSPのon/offに
よらず変化はありませんでした。
では、このS/Nが上がったように感じるのは何でしょうか?

よく聴いてみると、普段聞く音量で聞いていても、いつもなら聞こえない細かな
音まで聞こえます。
つまり、CDから微小信号をスポイルすることなく取り出し、アンプはその微小信
号を確実に増幅できたと言うことでしょう。
何故、そうなったのかはわかりません。私も理由が知りたいです。
しかし、確実に今までは聞こえなかった音が聞こえます。

POPs、Jazz等を聞く限りでは、根岸さんのケーブルに替えることで音像定位が良
くなりました。
イメージ的には、今まで各楽器の位置がGauss関数の様に広がって、各楽器がオー
バーラップしていたのが、delta関数の様に音が分離されました。
左右の定位だけでなく、前後の定位に対してもこの様な傾向が見られました。
これは恐らく、今までSPから出ていなかった微小信号がSPから出る様になったこ
とに起因するものと思われます。

ただ、音像定位の向上は、POPs、Jazzには在りましたが、Classicには殆どその効
果は現れませんでした。
具体的に例を挙げますと、「Verdi "REQUIEM" conductor J.E. Gardiner」と言う
曲です。
この曲はバス、テノール、アルト、ソプラノのソリスト、それに合唱、オーケスト
ラから編成されている曲です。
この曲で私が不満だった点はテノールとアルトの音像、アルトとソプラノの音像が
それぞれ入り混じってしまうことでした。
元々のCDが悪いのかとも思いましたが、某所の高価なシステムで聞かせて頂いたと
きに、しっかりと音像が出来ていたことを確認していますので、
この混濁は私のシステムに起因するものと思われます。
そこで、電源を替えることで「改善されるのでは?」と期待しましたが、
残念ですが、電源を替えても前述の様な向上はありませんでした。
やはり、これが私のシステムの限界のようです。
それでも若干の向上は認められました。
先ほどの喩えで言いますと、Gauss関数の分散sigmaが若干小さくなった感じです。

今回、根岸さんの電源タップ、ケーブルを導入して一番感激した事は、次のCDを聞
いたときでした:「坂本真綾 DIVE」
ご存知の方もおられるかと思いますが、Nautilusシリーズ、特に805は高音が暴れ
ると言われています。
女性ボーカルのサ行が"キン"と来るのが良い例です。
そのため、このSPを嫌う方が多いのも事実かと思います。
私自身、この高音対策に色々腐心していました。
特に坂本真綾のCDは他のSPでもサ行がきつく聞こえるぐらいなので、半ば諦め気味
でした。
ところが、今回、電源を替えたところこのサ行の音がかなり落ち着きました。
これには正直驚きました。やはりこれも解像度が上がったことと関係あるのでしょ
うか?

次に、5.1ch(光ケーブル接続)再生の感想を述べさせて頂きます。
初めに書きました通り、私のシステムはmainとcenterのSPが全く釣り合っていません。
当然L->C->Rと人物が移動したり、車が移動するシーンに多大な違和感が在りました。
本来ならファントム再生が望ましいのですが、広いサービスエリアを確保するため
にはやはりcenter SPは必要です。
今回電源を替えてみたところ、驚いたことに音色の不整合がだいぶ緩和されていました。
確かに、完全に音色が揃ったわけではありませんが、それでも以前とは雲泥の差です。
前後のつながりも良くなりました。
また、情報量(解像度)が上がったためなのか解りませんが、
シネマDSPを掛けたとき、時々発生するお風呂場への瞬間移動がかなり収まりました。

最後に、根岸さんの電源タップ、電源ケーブルはこの値段なら間違いなく買って損は
無いと思いました。
やはりこれだけ太いケーブルなら静電容量も十分ありますし、何より大電流が流れた
時の安定度は家電用とは雲泥の差です。

以上、あまり纏まりの無いレポートでした。



No.107 福井県在住/山田氏 ZTP4/ZAC1他

さて、購入当初は、違いの分からない初心者でしたので
インプレをお知らせできませんでしたが、

自作のケーブルでしばらく(1ヶ月位)聞いておりまして
最近、根岸製のあの太いケーブルに替えて見ました。
なんと、すごい変わりよう、定位のよさはもちろん
低音から高温まで図太くなって正に私好みの音になりました。
AVアンプを中心に使用してますので、効果はとてもよいです。
Volも5dbは小さくしないと自作のケーブルと同じになりません(^^;)
もちろん、自作の材料費は根岸製の倍近くかかってますので
このケーブルのCPは満足できます。



No.108 千葉県在住/さとる氏 ZAC1

使い始めていくらか時間も経ったので、感想や使用感などを書かせていただこうと思
いメールを差し上げました。
当方はまだ学生なのでお金も余り無く、使用しているシステムはほんとに初級の機器
です。

しかし使用しているMarantzのプリメインアンプ「PM6100SA」が幸いにも電源ケーブル
を付け替えられたので、この度初めて付属品以外の電源ケーブルを購入することにし
ました。

「ZAC1」を使用する前までは、電源ケーブルを買えるくらいでそんなに音が変わると
思っていなかったのですが、実際に使用してみて自分の考えが間違っているという現
実を思い知りました(笑)

「ZAC1」を使用したら音の密度や力強さ、解像度の高さ、高音から低音のレンジの広
さなどが、今までとは完全に別物です。

ボーカルとピアノを特によく聞くのですが、ボーカルは歌い手の人との間にあったベ
ールが何枚かめくれた感じで音が迫ってきますし、ピアノは力強くなっただけでなく、
とても繊細な感じになりました。

今まで高音などは、ほつれた糸のような感じの雑な音だったのが、綺麗な針のような
感じの音になったのも自分としては大変満足です。

この品質で諸費用を入れても約\5000というのは、とても高コストパフォーマンスなの
ではないかと思います。

また、3ピンプラグとアンプのインレットの大きさが調度良かったらしく、ケーブルの
ぐらつきがほとんどないのも嬉しい限りです。

欲を言えば、もう少しケーブルが柔らかかったらよかったかもしれません。

ある人には「電線病」はかかると大変と言われましたが、すでにこの体験によって感染
してしまったようで、壁コンセントやオーディオタップまで見直してしまいました(笑)



No.109 千葉県在住/暴走列車氏 ZTP4me/ZAC1

製作していただいた電源タップや電源ケーブルも約1週間使用して、だいぶなじんで
きました。 簡単なインプレッションで恐縮ですが

視聴環境(SP/SWはヤマハ)
壁コンセント WN1318(松下電工)
液晶PJ VPL−VW10HT(ソニー)
スクリーン SBV−90HDPROG(キクチ)
DVDP DV−S747A(パイオニア)
AVアンプ DSP−AZ1(ヤマハ)
スーパーアースリンク RE−9(アコーステッック・リヴァイブ)
低周波発生装置 RR−9(アコーステッック・リヴァイブ)
フロントSP NS−300+YST−160
フロントエフェクトSP NS−90
センターSP NS−C300+YST−SW800(0.1ch兼用)
リアSP NS−300+YST−160
リアセンターSP NS−300+YST−160
コンポーネントケーブル H−1855A(平方電気)
同軸デジタルケーブル WONDERLINK−1(MODSQUAD)
スピーカーケーブル モンスターXP(オンキョー/6chバイワイヤリング)
電源タップ AV−P455(ティアック)
電源リンキング除去器 AC ENACOM(ENACOM)

今回発注した電源ケーブルと電源タップを組み入れたところ別世界になりました(^^)。

○DVDプレーヤー・パイオニアDV−S747A
付属の電源ケーブルからZAC1に取り替えると、まるで別のDVDプレイヤーの如
く変貌します。画質は、字幕がシャープにがっちりとした印象になります。
画質全体の存在感が強く、色彩は力強いコントラストです。音質は、弱点の低域が、
厚みのある低域になりました。
ここまで出れば低域はDV−S10A(ノーマル電源ケーブル)と遜色ありません。
壁コンWN1318+ZTP4meの組み合わせ効果と相成って「エクセレント」で
す(^^)。

○AVアンプ・ヤマハDSP−AZ1
付属の電源ケーブルからZAC1に取り替え、1晩DTSデモディクをリピートしま
した。結果は「なんじゃこりゃあ」です。
うまく言えませんが、飛ばされる位の勢いある音です。低域のスケールが一段と上が
りました。SWの音量を少し下げてもよさそうです。
また負荷のかかる場面でも音像が、崩れず正しい音調に思えます。
付属電源ケーブルのAZ1でも「余裕」な場面でしたが、ZAC1よって音の品位が
上がりました。
音場はシャープかつ繊細。特に微細音が消える瞬間の音が美しいです。
台詞は厚みが増しました。

電源タップZTP4me(ボックス制振処理済)について
DSP−AZ1/DV−S747A/VPL−VW10HTを給電させています。
音は濃密かつパワフルですね。値段的にティアックの電源タップP455とZTP4
me、ほとんど同一価格ですけど、もっと早く根岸通信さんを知っていれば、ZTP
4meを3台発注していました。
全然、性能が違います(今まで、こんな酷い音で聴いていたのかと思うと・・・)。

10HTは、まだ付属電源ケーブルですがP455とZTP4meを比較すると、確
実にZTP4meの方が鮮明で高画質になりました。
本当は、映像系と音声系の給電が同一電源タップではマズイのでしょうが、新たな発
注まで我慢します。もうP455は使いたくないのが本音です。

電源ケーブルZAC1について
コストパフォーマンスが凄いですね。確実に機器のクオリティーアップが図れます。
ケーブルとしての性能も高いと思います。それにしても付属電源ケーブルの質って本
当に酷いですね。



No.110 東京都在住/K.M氏 ZAC1

電源ケーブルの感想です。
あくまで私のシステム、私の愚耳の感想なので、あてになりませんがご勘弁ください。

まず、何よりも外見が良い作りで素晴らしいです。
知り合いもこの値段でと驚いてました。
この時点で購入値段を超えています。

まずはパワーアンプ(クレルの安いもの)に繋いで一週間ほどの感想です。
以前はキャメロットPM600でした。
傾向としては例えばSAラボよりもキャメロットに近い傾向の音に聞こえました。
低音は雄大。ベース等で少しゆるめかも知れません。
解像度は、研ぎ澄まされたと言う感じではありませんでしたが、必要十分の繊細感で、
ケーブルを変えたときに感じる違和感を感じませんでした。
繰り返しますが、このお値段でこんなケーブルが出来るとは、本当に驚きです。

液晶PJにも試してみました。
以前はワイヤーワールドERとラックスの付属ケーブルでした。
ワイヤーワールドがシャキっとした絵が立つような絵だったのに対し、付属ケーブル
は絵がぼけ気味で、色褪せたようだったのですが、根岸様のケーブルに帰ると、コン
トラストが明らかに上がりました。
WWほどシャキっとまではいきませんでしたが、逆に丁度バランス良い感じで、満足し
ております。
ただ、アンプにも壮ですが、遊びがおおく何度か抜ける手前と言う感じです。
これはテープ等で処理は出来ますが。
クレルのアンプが抜けて立ち上がらなくなったときは一瞬ビビリました(笑)
とにかくCP度はぶっちぎりに高く、お世辞ではなく満足しています。


1〜10】【11〜20】【21〜30】【31〜40】【41〜50】【51〜60】【61〜70】【71〜80
81〜90】【91〜100】【101〜110】【111〜120】【121〜130】【131〜140
141〜150】 【151〜160】【161〜170】【171〜180】【181〜190】【191〜200
201〜210】 【211〜220NEW】【221〜230NEW
トップページに戻る