某録音スタジオにて


ZTP電源タップを使って頂いている、都内南青山のとあるレコーディングスタジオです。
具体名を書けなくてごめんなさい。



この日は何とか言うユニットのミックスをしていました。
間もなくご家庭のお茶の間に流れるかも…。
それにしてもツマミやスイッチ類を見ると、妙に興奮してしまうのは私だけでしょうか?
お願い…触らせて…



ラージは木下モニター スモールはYAMAHA NS10Mです。
たいていのオーディオマニアは、スタジオの音は疲れてしまって長くは聴いていられないと思います。(>_<)
その大音量と音数は圧倒的。



このブースで「あの」人が歌録りするのだそうです。
今やおそらく知らない人はいないであろう「あの」女性アーティストです。 名前を書けなくてごめんなさい。
ジョシチューコーセーのカリスマ? ここまで書いたら怒られるかも…



これを見た瞬間、私は日本昔ばなしの『舌切りすずめ』を思い出してしまいました。
あなたなら大きいつづらと小さいつづら、どちらを選びます?




エンジニア氏個人所有のケーブル類。
アクロ、キンバー、PAD、N2(笑)その他色々… 常にこれだけ持ち歩いているのだそうです。
スタジオではスピーカーケーブルや信号ケーブルよりも、電源ケーブルの方が交換しやすいため、
その殆どは電源ケーブルでした。


  
機材の裏側
う〜ん…こういう光景を見るとなぜ気持ちが落ち着いてくるのだろう??



このスタジオの壁コンセントは、松下ホスピタルグレードコンセント(WN1318)が多用されて
います。



お! その電源タップはもしや?!…なんて(笑)
エンジニア氏が気を使って、わざわざ手前に出してセッティングしてくれました。
結構働き者らしいです。 え? 電源タップですよ、もちろん。


トップページに戻る